中高一貫校受検対策講座

ご家庭では取り組みにくい内容を、熱血講師陣が確実にサポート。

テーマに沿った一つひとつの課題を消化し、個々の弱点を克服していきます。

小6生

中高一貫校受検に必要なのは

  1. 中高一貫校適性検査の特殊性は「科目の垣根を越えた問題形式」と「記述式の解答」に代表されます。
  2. 参考書に書いてあるような知識だけでは対処できません。体系的なカリキュラムに基づいた訓練が必要となってきます。
  3. 「資料を分析する力」「論理的に考察する力」「文章で表現する力」をつけて、万全の準備をしましょう。

作文力は、指導で伸びる!

作文の力は、教えられないと伸びません。それなのに、教えられる人は少ないのです。そこで、教師の努力と知恵の結晶で考えられた「ザ・作文」によって、多くの子供たちが作文を書く力をつけ、国語の実力を向上させました。それだけではありません。「書く」ことは、頭を活性化させます。「頭も良くなる」のです。

小4生・小5生

小4生・小5生のうちに“基礎学力”を培っておこう!

学校の勉強も大切です。

その上に、適性検査に対応できる“基礎学力”を身につけておくことが大切です。

適性検査Ⅰに必要な“基礎学力”

『文章を読んで、順序立ててまとめたり説明する力』…

適性検査Ⅱに必要な“基礎学力”

『計算問題を速く、正確に解く力』 『規則を素早く見つける力』

『図形をイメージする力』 『問題を読んで、様々な場合に分けたり、予想を立てて推理する力』…

小4・5生の「中高一貫校受検対策講座」 では、そういった“基礎学力”を培うために、月ごとにテーマを決め、集中してトレーニングをしていくシステムを導入しています。コツコツと鍛え・養うことが合格への第一歩であると確信しています。

お子さまの特性やニーズに合わせて選べる指導方法

少人数制クラス指導 友達と共に切磋琢磨しながら合格へ!!

少人数制クラス指導では、過去の合格実績に甘んじることなく、変化しつつある適性検査への対応のため、従来のカリキュラムに加え、適性検査演習に特化したプログラムを追加!!受検対策はもちろん、受検後にも役に立つスキルが習得できます。「絶対に合格したい!!」「少しでも可能性を広げたい!!」と思われている方はもちろん、「公立中高一貫校ってどんなとこ?」「受検してみようかな?」などと思われている方も、一緒にがんばってみましょう。

小4生/一般教科・60分を週2回 小5生・小6生/一般教科・90分を週2回


グループ個別 一人ひとりのペースに合わせて徹底指導!!

受験基礎力養成講座…適性検査に必要な基礎力を養成する講座です。

適性対策講座…適性検査で問われる記述の仕方などを養います。

能力鍛錬講座…科学的根拠に基づき、脳を刺激することで適性検査に必要な集中力・思考力・読み解くスピードを養います。

小3生・小4生/週2.5時間授業を実施 小5生/週4時間授業を実施 小6生/週5時間授業を実施

開講校舎

※指導方法は校舎により異なります。詳しくはフリーダイヤルよりお問い合わせください。