新学期生募集!

二学期は重要単元『目白押し』

二学期は、学校での様々な行事や祝日も多くあり、勉強に集中できる時間を確保するのが難しい時期ではないでしょうか。しかし、いずれの学年も重要単元(下記参照・抜粋)が『目白押し』となっておりますので、しっかり定着させて、三学期・次学年へとつなげていきましょう。

目次

小4生・小5生のみなさん 中高一貫校受検対策コース

広げよう!未来の選択肢!

小学生コースとの違い
城ノ内中等教育学校・富岡東中学校受検対策コースでは、算数・国語だけではなく理科・社会も学習します。入試の内容は、理科・社会では特に難しい事を問われませんが、知識として知っておくべき事柄が沢山あるので、小4・小5のうちからいろいろ覚えておくことは大切です。
さらに、受検対策コースでは、図形に特化した「極AAA」や文章の理解を早く進めることを訓練する「速読解」など、タブレットを使用しての能力開発講座も組み入れています。一朝一夕では習得出来ない能力ですから、始めるのは早いに越したことはありません。

小4生
まだ早いかも、とお考えの方も多いかもしれませんが、
学習の習慣や国語・算数の基礎力を身に着けるのに決して早すぎることはありません。
大好きな事に夢中になれる子どもの集中力は、素晴らしいものです。勉強にもその力が向けられて、学ぶことを楽しんで欲しいと願っております。

小5生
スタートは小5の春が一番ですが、秋からでも大丈夫。
SSG生の合格者約70%の方が小5生春・秋から受検勉強をスタートさせています。
算数も国語も、小5生は、学校で特に重要な単元を習います。まずは、学校で習うことをきちんと自分のものと出来るように反復学習し、その上に受検に必要な記述力を身につけましょう。

小1生〜小6生のみなさん 小学生講座

小1生
算数/20までの和差…計算の経験値を積む重要単元です。「習うより慣れろ!!!」
大きさくらべ…図形認識の基礎。平面・空間認知はここから始まります。
国語/“カタカナ”も“ひらがな”同様に練習時間が必要ですが、意外とその時間は確保されていません。興味を持ちながら言葉のルールとして学びましょう。

小2生
算数/九九…言わずと知れた、小2算数最重要単元です。しっかり暗記しましょう。
繰り上がりのあるたし算・繰り下げのあるひき算…和差計算の基礎。計算が得意かどうかはここで決まります。
国語/国語の中で最も大切な単元のひとつである“主語と述語の使い方”をこの時期に習います。違和感のない日本語が使える基礎を身につけましょう。

小3生
算数/長さ・重さ…単位変換が重要です。ここで覚えておかないと小4以降で覚え直すのは困難です。
(2~3桁)×(1桁)の筆算…計算力向上に重要な単元です。
国語/“ローマ字”を習得することで、キーボードでの文字入力が可能になったり、道路案内板などで読めない漢字でもローマ字から読みとれるなど、今後の日常生活で大いに役立ちます。

小4生
算数/計算の順序…教科書ページは短い単元ですが、整数計算の最後にして最重要単元です。「小4は計算の学年」。
がい数…数の認識に差が付く単元です。数のイメージが大事となってきます。
面積…長方形・正方形の面積は、公式だけではなく、工夫して求めることを覚えておかないと小5になって大苦戦します。
国語/“同音異義語のことば”や“慣用句”を学習します。きちんと身につけて、豊かな日本語表現ができるようにしましょう。

小5生
算数/分数…通分・約分を完璧に理解しておかないと、今後に大きく響きます。
面積…公式だけではなく、工夫することも暗記しよう。
平均・単位量あたり・割合…小5は文章題の中でも最重要単元群です。文章題の得手不得手は、小5で決まると言っても過言ではありません。
国語/“敬語”の基本をこの時期に習います。大人になっても苦労する項目ですので、基礎はしっかりと覚えてゆきましょう。

小6生
算数/円の面積・体積・拡大縮小…「小6は図形の学年」。今のうちに慣れておかないと、中学生へでの影響大です。
比・比例・反比例…割合を簡単に解くことが出来る唯一の単元です。
国語/“熟語の成り立ち”を理解することにより、言葉の理解を深めたり、日常生活で効果的に熟語を活用できるようになったりします。

中1生〜中3生のみなさん 中学生講座

中1生
数学/方程式…数学の基礎にして、最も差が出る単元です。これが出来ないと今後の全ての単元に影響します。
比例・反比例…小学校とは異なり、文字式・方程式の力が総合的に問われる内容です。
英語/●主語が3人称・単数で、現在形であれば、動詞を変化させること。●主格・所有格・目的格といった代名詞の使い分け。●さまざまな疑問詞を用いた疑問文とその答え方。

中2生
数学/一次関数…中学生の必須単元です。この単元の出来不出来は、合否に直結します。
合同と証明…証明問題は、今後の数学の出来を左右する最重要単元の1つです。
英語/●人やものを比べたことを表現する比較級や最上級。●不定詞の3用法や動名詞を用いた表現。●さまざまな助動詞を使った英文作成。(教科書により多少異なります。)

中3生
数学/二次関数…入試必須単元です。一次関数・反比例とともに出題されると難易度MAXです。
相似…入試の図形問題といえば相似。かなりの練習量が必要です。
英語/●現在分詞と過去分詞を使って名詞を詳しく説明する方法。●関係代名詞(主格/目的格)を使って、名詞を詳しく説明すること。●関係代名詞を用いて、2文を1文に書き換えること。

目次