【徳島県】高校生のテスト対策法を分かりやすく解説

高校で行われる定期テストは、範囲が広い上に出題される問題も難しいため、点数が取れずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。その一方で、大学一般入試を検討している場合、評定は評価対象でないため、定期テストを軽視する方も多いでしょう。

高校の定期テストは、推薦入試を検討している方はもちろんのこと、一般入試を検討している方にとっても非常に重要な意味があります。本記事では、高校における定期テストの意義や、効率的な学習方法について解説します。テストを控えている方や、テスト対策に困っている方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

目次

高校におけるテストの意義

高校における定期テストは、主に2つ意義があります。

  • 学んだことが定着しているかの確認
  • 指定校推薦など、推薦入試の人選

1つ目の意義に関しては、小中学校と同じ意義です。ただ、高校で学ぶ内容は小中学校で学ぶ内容よりも多く、複雑です。そのため、テストで定期的に定着度を確認しなければ、授業に完全についていけなくなる恐れがあります。

また、大学一般入試では評定は評価対象ではありません。しかし、指定校推薦などの推薦入試を受ける場合は、日頃のテストが非常に重要です。なぜなら、推薦入試を受ける場合はもちろん高校の推薦が必要であり、その推薦する生徒を選ぶ基準の1つに日頃のテスト結果があるからです。

競争率が高い推薦だと、学校内で推薦を勝ち取ることも困難であるため、日頃のテストで高得点を取り続ける必要があるでしょう。

徳島県で高得点を取るためのテスト対策

高校のテストで高得点を取るためには、適切なテスト対策を行う必要があります。
高校での適切なテスト対策を行う際のポイントは下記の4つです。

高得点を取るためのテスト対策
  • 1週間前には基本を網羅しておく
  • 授業のノートやプリントを見返す
  • スキマ時間で暗記教科を勉強する
  • 徳島市教科書準拠のワークを使用する

それぞれ順番に解説します。

1週間前には基本を網羅しておく

テスト1週間前には、出題範囲の基本は網羅しておきましょう。なぜなら、高校のテストで出題される問題の中には、応用力が求められる問題も多く、その対策として十分な問題演習が必要であるからです。また、高得点を狙う場合には苦手箇所の克服や、難問への対策も必要です。

テスト1週間前の時点で基本の学習が完了していない場合、ギリギリまで基本学習をする必要があるため、応用問題対策を行えません。その結果、苦手分野や応用問題が解けず、高い点数を取れなくなります。

テスト範囲の基本的な内容は、テスト1週間前時点で学習が完了するように勉強を進めましょう。

授業のノートやプリントを見返す

テスト前には必ず授業で取ったノートやプリントを見返しましょう。高校のテストは基本的に授業で学んだことや、教科書の内容が出題されます。そのため、授業で用いたノートやプリントはテスト対策として最適です。

授業で取ったノートやプリントには、テスト範囲の重要な部分が詰まっています。基本を勉強する際には、ノートやプリントを使うことが最も効率的です。

また、授業のノートやプリントは受験勉強でも活用できます。テストが終わったとしても、必ずノートやプリントを保管しておきましょう。

スキマ時間で暗記教科を勉強する

前述した通り、小中学校のテストと比べて高校のテスト対策で学ぶことは非常に多いです。そのため、腰を据えてじっくりと暗記強化に取り組むと、全体の勉強時間が不足してしまいます。暗記教科の学習には、スキマ時間を活用しましょう。使用するものとして、ハンディタイプの英単語や社会の一問一答などの問題集がおすすめです。また、近年これらを勉強するためのスマホアプリも多く出ています。ハンディタイプの問題集やアプリを活用することで、通学中の電車やバス内やちょっとした休み時間にも勉強を進められるでしょう。

徳島市教科書準拠のワークを使用する

高校の定期テストでは、教科書の文章をそのまま引用したり、教科書内にある問題を一部改変したものが出題されることが多々あります。そのため、徳島市教科書準拠のワークに取り組むことは、テスト勉強に非常に有効です。

また、教科書準拠のワークでは、教科書の内容をもとに問題が制作されており、テスト対策としてどこに取り組めば良いかが一目で分かります。定期テストに出やすい問題に取り組めるとともに、何を学べば良いかも明確に分かるため、定期テストで高得点を取りたい生徒に教科書準拠のワークはおすすめです。

なお、徳島県の進学塾「四国進学会」では、生徒一人ひとりの学校の進度に合わせて授業を行っております。そのため、それぞれの高校の定期テスト対策として最適な指導が可能です。メールとお電話にて、お問い合わせを承っておりますので、テストで高得点を取りたい方はお気軽にご相談ください。

徳島県下の科目ごとのテスト対策

ここまで、高校のテストで高得点を取るための全体の対策方法について解説しました。しかし、それぞれの教科の勉強方法が分からず、勉強に手を付けられないという方が多いのではないでしょうか。

ここから、科目ごとのテスト対策方法について解説します。勉強の方法が分からず困っている方は、ぜひ参考にしてください。

国語(現代文・古典)

高校の国語の定期テストでは、教科書の文章がそのまま出題されることが非常に多いです。そのため、教科書の文章内でも時間をかけて取り扱った箇所をノートを参照しながら学ぶと良いでしょう。また、上述したように徳島市教科書準拠のワークを利用することもおすすめです。

古典に関しては、古語や構文などの暗記が必要不可欠です。古語単語帳を常に持ち歩き、隙間時間で暗記するようにしましょう。机に向かって学習できる際は、実際に問題に取り組んだり、ノートをじっくり振り返ったりする時間にしましょう。そうすることで、効率的に国語の学習を進められます。

数学(数Ⅰ~Ⅲ、数AB)

高校の数学の定期テストでは、基本問題から応用問題まで幅広く出題されます。そのため先述した通り、1週間前には基本の勉強を完了し、最後の1週間では応用問題や苦手な箇所に取り組みましょう。

また、数学は定着までに時間がかかる上に、最も勉強量が必要な科目です。また、積み上げ型の科目であるため、一度躓いてしまうとそれ以降の学習にも支障をきたします。そのため、数学の勉強は最も優先して学ぶことをおすすめします。

英語

高校の英語の定期テストでは、文法問題と教科書の文章を用いた長文読解が多く出題されます。英語の勉強では、試験範囲の教科書の英文を読みこむことが大切です。試験範囲の教科書の英文を読みこむことで、単語や文法を同時に学べる上に、文章を読むスピードを速められます。

また、テスト1週間前までに文法の学習は完了させておくことをおすすめします。なぜなら、文法をマスターした状態で教科書を読みこむことで、内容の理解を深めるとともに、よりスムーズに学習を進められるからです。また、国語の古語と同様に単語はスキマ時間を利用して暗記を進めましょう。

社会

高校の社会の定期テストでは、非常に広範囲の問題が出題されます。そのため、覚えることが非常に多く、高得点を取るためには時間をかけてじっくりと学ぶ必要があります。また、単語だけではなく、それらの意味を理解し、記述問題にも対応できる状態にすることが大切です。

テスト1週間前までには、テスト範囲となる単語とその意味を網羅的に覚えておきましょう。その上で、テスト1週間前に記述問題や歴史の年代並び替え問題のような、応用問題の対策をすることがおすすめです。

また、勉強には一問一答問題集や授業中に使用したノートやプリントを使用することで、効率の良い勉強ができます。

理科

高校の理科は物理・化学・生物・地学の4つに分かれ、それぞれ勉強方法は少しずつ異なります。ただし、いずれにしても覚える内容が多い上に、複雑な計算処理が求められます。

そのため、テスト1週間前には覚えるべき単語やその意味は覚えておきましょう。その上で、テスト1週間前には計算問題や、組成式の問題に取り組むことをおすすめします。特に物理や化学は、一朝一夕で学力が身に付かない科目です。これらを選択している生徒は、早めにテスト対策を開始しておきましょう。

徳島県下の高校でテスト対策をするなら

本記事では、高校におけるテストの意義や高得点を取るための勉強方法について解説しました。特に推薦入試を検討している生徒にとって、定期テストは大学受験に直結するイベントです。一般入試を検討している方にとっても、学んだことを定着させる良い機会となります。必ず定期テストには、真摯に向き合いましょう。

徳島県の進学塾「四国進学会」では、各高校・各コースの進度に合わせた指導を行っています。そのため、それぞれの高校に最適化されたテスト対策が行えるとともに、生徒のレベルに合わせて柔軟に大学受験対策が可能です。また、一斉指導と個別指導の良いとこ取りをした「グループ個別」の授業スタイルにより、生徒一人ひとりに適した学習ができます。「四国進学会」では、メールとお電話両方でお問い合わせを受け付けております。高校での成績を上げ、レベルの高い大学への進学を希望する方は、まずは無料でお問い合わせください。

目次
閉じる